文字サイズ

三菱総合研究所の地方創生支援

日本の成長は「地方創生」から始まる

  • 2015年7月、三菱総合研究所は” 未来社会提言研究レポート 「地方創生」-自律的・持続的な変革の連鎖により60兆円の付加価値創出- ”を発表しました。
  • この中で当社は、多様な地域資源を活用した新産業の育成やまちのリニューアル、今後の高齢化社会への積極的な対応などで、2030年までに地方圏で60兆円の新たな付加価値の創出が可能と試算しました。
  • その実現のためには地域の未来に想いをもった人々が、自らの意思で、地域固有の資源の上に、多様な考え方を積極的に取り入れ、地域を変革することが必要です。
  • この「地方創生」サイトは発展途上にありますが、今後の持続的な充実を通じて、熱意ある地域の方々の情報共有の一助になるよう努めて参ります。

三菱総研が考える地方創生とは

  1. 今、地方創生に求められる発想の転換
    • 地方創生を持続可能なものとするためには、従来の考え方を大きく転換(パラダイムシフト)することが必要です。三菱総研は、次の4つのパラダイムシフトを提案します。
  2. 三菱総研が考える地域のかたち ~『21世紀型“藩”』の実現~
    • 実現したい「地域のかたち」として、複数市町村が広域連携しつつ域内で拠点化・集住する「21世紀型“藩”」を提案します。
  3. ダウンサイジング下でも豊かさを実感できる地域社会の実現を目指す
    • これからの地方のあり方として「ダウンサイジング下でも豊かさを実感できる地域社会の実現」を目指し、『自立』と『賑わい』をキーワードにその実現方策をご提案します。

地方創生の実現をお手伝いするサービスメニュー

  • 従来の仕組みを変える「攻め(まち・ひと・しごと)」と「守り(行政改革)」の両面から、施策を提案し、プロジェクトを通じてご支援いたします。
  • 三菱総研が特に推奨する地方創生実現のための11のサービスメニューは次のとおりです。