文字サイズ

地方創生をお手伝いするサービスメニュー
「空き家管理」

今、地域でお困りのことは?

  1. 人口減少が進む中で、空き家が増加しています(H25年10月820万戸、空き家率13.5%)。
  2. 倒壊による事故、犯罪の温床など、空き家の外部不経済が問題となっていらっしゃいませんか?
  3. 空き家対策特別措置法も成立し、国土交通省でも取り組みを活発化させています。

自治体にご提供可能な業務内容の一例

  1. 現状の地域内の空き家の実態把握や将来の空き家発生の可能性を分析します。
  2. 空き家を活用した観光やコミュニティの拠点づくり、若年層の呼び込みなど、地域の課題に対応した活用方策を検討します 。
  3. 空き家の活用方策の実現に向け、マッチング支援、リバースモーゲージ等のファイナンスの導入などを支援します。

自治体をお手伝いするサービス

  • 地域内の空き家の実態を把握し、除却の必要性などの個別判定方法や地域全体での活用方針を明確にし、活用メニューのご提案や活用に向けた枠組みの構築をご支援し、地域の活性化をお手伝いいたします。

地域で期待される効果

  1. 空き家の除却や有効活用で外部不経済が抑制され、居住地としての価値が維持できます。
  2. 空き家を移住者の受け皿とするなど、定住人口増加の基盤(インフラ)を整備できます。

既存の取り組み事例

空き家の管理支援や空き家再生・マッチングの取り組みが地域で始まっており、NPOなどの地域団体が中心となっているケースも多くあります

空き家再生・マッチング(NPO法人尾道空き家再生プロジェクト)

  • 老朽化した空き家を改修して再生するとともに、市から委託を受けて空き家バンク(登録件数は2014年3月時点で100件超)を設け、利用者と家主のマッチングを支援しています。