文字サイズ

地方創生をお手伝いするサービスメニュー
「ICT導入/情報システム共同化」

今、地域でお困りのことは?

  1. 厳しい財政状況の中、独自のICT対応に限界をお感じになっていませんか?
  2. 住民視点での行政サービスの広域連携、地域経営への要請を住民からお受けになっていませんか?
  3. セキュリティ対策、マイナンバー等制度対応、クラウドやオープンデータ対応にご不安はありませんか?

自治体にご提供可能な業務内容の一例

  1. 自治体業務・システムに係る豊富な知識、先端ICT技術(セキュリティ、人工知能、ロボティックス)の知見、公共調達に係るノウハウ、様々な協議会等の運営実績等に基づき、情報システム共同化に資する解決策をお手伝いいたします。

自治体をお手伝いするサービス

  • 自治体における情報システム(住民記録システム、税務システム、福祉システム、財務会計システム、給与システムなど)について、複数団体による共同利用のほか、自治体への様々なICT導入をお手伝いいたします。

地域で期待される効果

  1. 情報システム共同化や他団体を含めた広域行政の推進により、自治体は、既存システムに係るコスト縮減を図るとともに、住民利便性を向上できます。
  2. オープンデータ促進など行政データが利用可能になることにより、地域企業は、地域に根差したアプリ等を構築できるようになります。

既存の取り組み事例

システム運用コストが30%削減(茨城県五霞町)

  • 茨城県五霞町では、コスト削減や業務効率化、さらには災害対応力強化を目的に、2014年1月に茨城県内3市とともに、 クラウド技術を活用した共同利用型の住民情報系システムを導入しています。
  • その結果、システム運用コストが30%削減しています。
出所)地方公共団体情報システム機構ホームページ自治体クラウド推進セミナー(平成26年度)講演資料)

AI・ロボットを活用した自治体のインテリジェント化

  • 行政運営へのデータ利活用の第一歩として、住民からの問合せ・相談内容をデータベースに蓄積し、その“住民の声”データを分析することで、実効的な施策を立案できます。
  • そのデータ蓄積と、職員の業務効率化、区民サービス向上を両立して実現させる仕組みは、AI(人工知能)・ロボットを活用した構築を提案いたします。